日時:20051112日(土) 9時〜1730

会場:北海道大学 文系総合講義棟 W103

主催:特定領域研究 「中世考古学の総合的研究―学融合を目指した新領域創生―」(領域研究代表 中央大学 前川要)

研究区分 B01-2中世の東北アジアと考古学−奴児干(ヌルカン)永寧寺をとりまく東北アジアの文化交流と諸民族の動向」班(研究代表・北海道大学 菊池俊彦)

C01-2北東アジア中世遺跡の考古学的研究」班(研究代表・札幌学院大学 臼杵勲)

趣旨:近年めざましく研究の進んでいる中世北方史の分野では、日本史と中国史それに考古学の研究者による学融合をめざした試みが活発である。本シンポジウムでは、明朝がアムール川の河口近くに置いた奴児干(ヌルカン)都司(とし)という役所、およびそれに併設した永寧寺(えいねいじ)に焦点を置き、北方地域における人とモノの動き、文化の接触と変容を明らかにする。

 

講演:

・暘暘(吉林省社会科学院歴史所)「永寧寺碑文が記す奴児干都司と黒龍江下流域・サハリンの先住民族との関係」

・アレクサンドル=アルテミエフ(ロシア科学アカデミー極東支部歴史・考古・民族学研究所)「アムール川下流域における13〜15世紀の仏教寺院」

報告:

・臼杵 勲(札幌学院大学)「東北アジアの仏教遺跡」

・佐川正敏(東北学院大学)「東北アジアの視座から奴児干永寧寺跡出土瓦を考える」

・三宅俊彦(東洋文庫)「中世の北東アジアにおける銭貨流通―金代を中心に―」

・榎森 進(東北学院大学)「奴児干都司とアイヌ民族」

・瀬川拓郎(旭川市博物館)「サハリンと千島から出土する擦文土器―サハリン・アイヌの成立をめぐって―

 

申込方法:参加ご希望の方は件名「シンポジウム申込み」としてシンポジウム参加氏名および所属、懇親会参加の有無、ならびに連絡先を明記してEメールまたはFax、葉書にてお申込ください。

申込〆切:2005年11月5日(土) ※参加料 無料、資料代・懇親会費 実費

申込先・問合せ先:〒042-8501 函館市戸倉町14-1 函館工業高等専門学校中村和之 宛

Tel/Fax:0138-59-6363

E-mail:nakamura@hakodate-ct.ac.jp

※ お問合せは、できるだけEメールでお願いします。

くわしくはこちらを参照。