28462041.JPG

午前中は雨でした。久しぶりにバス(公共汽車)に載って淮海路の書店街へ。小生は昔通り切符を買ったのですが、現在ではカード式になっているんですね。JRのスイカみたいなものを乗務員の人の機械にかざすだけで「ピッ!」と鳴って料金が落ちる仕組み。小生が留学しているときは、定期(月票)発行枚数が限られており、それ以外の人は普通に料金を払って乗る仕組みだったのに。ITの波がここにまで来ているんですね。

書店で本を買いすぎたので、一度ホテルに戻り、それから復旦大学へ。

久しぶりにお会いする先生方は、お元気そうでなによりでした。昼食の準備ができるまで、復旦大学が購入したという「新学区」を公用車で案内してもらうことに。ほとんどVIP扱い。聞けば「江湾区」のほとんどが「新学区」となるそうで、また従来の緑地や池はそのまま生かしながら、建設をするとのこと。まだ道路と看板くらいしかありませんでした。

昼食は「旧四号楼」にて。小生が抜刷を渡したら、すごく喜んでいただいて、その場で読み始める始末(一応、中国語の論文もありますので)。写真はそのときのものです。左側から夏義民(中国古代思想史)・邢蒂蒂(中国古代史・中国少数民族史)・沈文忠(中国近代史。現在は復旦大学国際文化交流学院副院長)の各老師です。久しぶりに楽しい時間を過ごしました。