夏期スクーリングの4日目。

第7・8講は「国立国会図書館訪問」。現地集合・現地解散ということで,国立国会図書館にて,情報収集及び課題「卒業論文文献目録」を作ってもらうための作業をする。

ただキーワードを入力するだけでなく,「館内貸出」で「閲覧」してもらったり,余裕のある受講生は「印刷」していくつか目を通してみることがその目的。本来ならば,法学部図書館や経済学部図書館,そして文理学部なども視野に入れなければならないけれど,やはり敷居が高いのが国会図書館のようである。

受講生全員がそれぞれ有効に行動していて,サボりが全くいなかったのは嬉しい限りであった。やはり通信教育部ともなると,まとまって国会図書館で資料検索・閲覧する時間がとれないようで,そういう意味では,おこなってよかったと感じている。