db726858.JPG

30人。欠席願い(7/20分)1名。

後期最初の講義。

「現代史の捉え方(1)」として,マルクス史観について学ぶ。ソ連解体後,唯物史観は主流でなくなったが,現在関係するもの一切を排除するのではなく,数十年の歴史の中から,用いることができる一部用語などがあることにも言及した。配付したプリントには書いてないけれど。

また「夏休みの課題」を回収した。中間試験替わりということもあり,その回収率は思っていた以上に高かったのが嬉しかった。

後期もよろしくお願いいたします。