de8f40e8.JPG

表題は「現代史の捉え方(9)」。

テスト問題を発表した。三問から一問を選ぶ選択制。

大きな課題が終了したので,「開発」と栄養不足との関係について学んだ。特に,江戸時代の新田開発・精米法の開発と,それ以降の「江戸やまい」=脚気について紹介した。さらに,明治時代の軍隊における脚気とその対応などについて言及した。

テスト問題が決まってすっきりしたのか,食糧の話だったのかはわからないが,感想文を見ると,受講生はそれぞれ自分の意見を書いていた。国家の問題よりも,身近に感じるからなのだろうか。