8ed9f056.jpg

試験は11:00〜12:00。受験者は30名。

昨日,平常点を出すためにこれまでのデータ(レポートなど)や名簿を見ていると,ほぼ全員の顔が浮かんできた。この講義ほど顔と名前が一致するのも珍しいと我ながら思う。明日には忘れてしまうかもしれないけれど(笑)。

試験問題はあらかじめ教えてあったので,本日はそれを書き写すのと,一年間の講義の感想或いは記憶に残ったテーマ・キーワードなどを書くだけだったはず。みんな早めに上がるのかと思いきや,半分位の受講生が終了10分前あたりまで粘っていた。あとで答案用紙を見たら,表裏がぎっしりだった。

この講義は,まじめに取り組まれている受講生が多く,ちょっとでも気を抜いた講義をすると,授業内のレポートでその箇所に関して質問を書かれたりしたので,こちらとしても何重にも事前準備を重ねるなど良い刺激になった。専門科目ではなく一般教養なので,「暗記」ではなく,「歴史」を身近に感じてもらうために,後期は4月時点とは少し変えて工夫をさせていただきました。

いずれにせよ,一年間お疲れ様でした。小生の講義を「また機会があればとってみたい」と書いて下さった方,ありがとうございました。これを励みに,今度もがんばりたいと思います。