e8dbbe3a.jpg

参加者は9名。4月21日から22日まで。

4月22日の記事に,Yoto貝勒の新夫人と旧夫人の争いが記されている。

たんなる高位身分の女性同士の争いではなく、大きな背景があることが見て取れる。

次回は7月7日(土)午前10時〜正午まで。

----------------------

参加希望者は、筑波大学・楠木賢道先生kusunoki@histanth.tsukuba.ac.jpまで。「満洲語史料を利用した清朝史研究を志すものにとって,入関前の満文档案史料をテキストとして満洲語読解力を養成するとともに,清朝史の基本知識を習得することは肝要なことである。一人でも多く参加されることを望む次第である」とは楠木賢道先生の言。