70c5d742.jpg

講義はすでに終了しており,今日は9時半より10時半まで最終試験。

あらかじめ問題は提示してあるので,時間内では解答用紙に書き写すだけの作業。とはいえ,準備作業が大変であり,先週からいろいろと解答に関する相談が多かった。

でも,受講生のみなさんが自分自身の言葉で纏めてるのをみて嬉しく思いました。

一年間の感想も書いてもらったが,やはり卒論文献目録の作成方法や日本大学法学部図書館での実際の作業などが,現実面での一番の収穫であったようである。それから,明治時代の新聞を読み現代語に書き下す作業もそれに続いていた。

私たちの中国人観(及び朝鮮半島出身者)や,私たちの上の世代(父母・祖父母)の中国人観の根源の一端について,後期で実物の資料を用いながら学習したが,これについては受講生自身の思いが毎回レポートに現れているだけでなく,小生自身が新たに発見することも多く,取り上げてよかったと感じている。