ac9f690a.jpg

5限目(16:20〜17:50)は,日本大学文理学部(世田谷区桜上水)での講義。

参加者は23名。

第4回は「『安史の乱』の読み方」と題して講義した。

内容は,前回のビデオを受けて,これまで,中国の一反乱として扱われてきた「安史の乱」について,「一国史」ではなく,テュルク系民族・モンゴル系民族などが活躍するユーラシア的な変動から捉えることで,これまでとは異なる別な見方を学んだ。

今日もゆるゆると帰ります。