f1fbe1ac.jpg

5限目(16:20〜17:50)は,日本大学文理学部(世田谷区桜上水)での講義。

参加者は22名。

第9回は「明の永楽帝と北京遷都(1)」と題して講義した。

内容は,〔世留奮敖襪北京に遷都した理由を概観し,∨無への遷都について,永楽帝自身が望みながらそれが皇帝といえども勝手にすすめることができなかったことなどを学んだ。

特に,,砲弔い討蓮い海譴泙巴里蕕譴討い娠の建文帝を殺した負い目という視点だけではなく,北方防衛や政権確立の立場などを別途紹介した。

永楽帝自身の人間性について書かれたレポートが目立った。次週もまた遷都の問題を取り上げる予定。