96bc3e96.jpg

5限目(16:20〜17:50)は,日本大学文理学部(世田谷区桜上水)での講義。

参加者は21名。

第12回は「清朝と清代北京」と題して講義した。

内容は,〜芦鵑隣┳曚良習,∪饗緞無城に住む清朝支配層である「旗人」,清代北京城に住む様々な人々や寺院などを「絵図」で見せた。

「絵図」からは,「旗人」や民人の婦女や身分などの違いを視覚的に捉えることができるので便利。

本日の講義そのものは,普段と違って「絵図」や写真を見せることを中心としたものであったが,興味深く学んだという学生もおり,たまにはこういうのもありかなと思っている。

最終試験問題を発表した。例年通り3問出して1問を選択し,論述形式で回答させるもの。この講義では,注意事項をひとつひとつ説明できたのでよかった。

試験当日は,あらかじめ作成した解答を答案用紙に書き写す作業に終始すると思う。

次週は最終講義です。セメスター制で半期だけなので,後期はなし。