先週すでに講義を終えている東洋史特講5の試験。

教室は,311教室。履修登録は29名だが,試験を受けた学生は24名。

昨年度は,最終講義終了後2週間も空いてしまったが,今年度は翌週なので,内容を忘れることもなく試験に臨めたことと思う。

試験とはいっても,すでに7月上旬に問題を発表しているので,今日は準備した解答を答案用紙に書き写すだけの作業であったはず。それでも,1300字〜1600字なので,ほとんどの学生は50分近く時間を費やしていた。

今年度の文理学部の東洋史特講は,講義に余裕がなく余談もそれほどできずじまいでした。特に昨年度から続けて履修してくれた学生にとっては,ちょっと違和感を感じたと思いますが,失礼しました。

採点はまだこれからです。お疲れ様でした。