本来ならば、10月14日(火)前後に立てなければならなかったが、気づいたら11月15日(土)すでに小生の担当部分(後半)に入っていた。

小生の担当部分は「中華王朝」史の「周辺民族」。先程「理解度チェック」を除いたら、例年よりも成績が芳しくない。まあ、まだ始まって2日なので気にしないでおこう。

今年で3年目に入ったが、内容については、だいぶ改訂したい部分がありと考えていたところ、東洋史概説MA担当の高綱博文先生が、同様に改訂をお考えとのこと。

----------

メディア授業とはインターネットを利用した大学の授業形態の一つ。小生は,一昨年度より須江隆(日本大学生物資源科学部準教授)先生と東洋史概説MBを受け持たせていただいている。

利点は,開講時期であれば,24時間いつでも学習できること,同じ部分を繰り返し学べることである。教員の解説(文字原稿付)にとともに画像が現れたり,視覚的にも楽しい作りとなっている。さらに,BBS形式の掲示板を利用して,質問を書き込めたり,議論をおこなうことも可能である。

「体験版」もあるので,お時間のある方は体験してみてください。

日本大学通信教育部メディア授業体験版:http://www.cd.nihon-u.ac.jp/media/

日本大学通信教育部メディア授業について:http://media.c-learning.jp/nu/

日本大学通信教育部HP:http://www.cd.nihon-u.ac.jp/