今回は初めて肱岡さんと組まさせていただきました。

通常は,東京都学習センターでは,英語のレポートに関する質問が多いことから,英文学専攻の指導員を必ず1人入れているのですが,今回は変則で英文学専攻ではない指導員が2人となりました。

学事相談は7名。卒論の書き方や単位履修の方法など,また常連の方もいらっしゃいました。

ちょうど,上の階では「2009年度日本大学通信教育部入学案内」がおこなわれていたようで,それなりに人出はありました。通常,通信教育部といえば会社務めの方や主婦の方,リタイアされた方などが多く入学されるのですが,今回の「入学案内」には高校生の姿がちらほら見受けられました。

本学通信教育部は,通信教育課程といいながらも,実際通学課程と同じカリキュラムが組まれているし,同じようにキャンパスライフも送ることができるので,学費が安い分身近に感じやすいのかもしれませんね。