501講堂。32名。

第20回は「後金国の成立と八旗制の創設」。

内容は、建州女真の一首長の家に生まれた清太祖ヌルハチが、多民族社会のなかで勢力を伸ばし、主要な地位を占めるまでを概観した。

特にヌルハチ期の重要な出来事は、(1)満洲文字の創成、(2)八旗制の創設であることを学んだ。