501講堂。30名。

第21回は「ホンタイジのハン権確立と清朝の成立」。

内容は、(1)ホンタイジのハン権の移り変わりについて、(2)ホンタイジ期の後金国/清朝における多民族性について学んだ。

とりわけ、(1)についてはヌルハチの遺言からホンタイジ自身が権力を確立していく過程を確認した。