501教室。60名。

第2回は「『世界史』の誕生」。

前回の「高校まで学んだ歴史の」続き,及びGW(で2週間お休み)以降の流れを全体として捉えるためのもの。

まず受講生に何も見させずに世界地図を描かせた。

そして,高校「世界史」とはどんな歴史なのか? 「西洋史」と「東洋史」の区分はどこなのか? 東京帝国大学の史学科の変遷をたどり,私たちが学んできた「世界史」とはどのようなものなのかを概観した。