501講堂。

「現代史のとらえかた(1)」

長い間歴史学の主流を占めていたマルクス史観とこれからの歴史を見極めるための注意すべき点について講義した。