501講堂。

「国家と民族の歴史(2)」

ドーデ「最後の授業」を読むことを通じて、「言葉」「教育」「国家」「民族」などを学ぶ2回目。

前回の課題文の一部をプリントで配って紹介してから、日本における「最後の授業」の翻訳、及び戦前期教材に取り上げられた時代的背景を学んだ。

内容的には、(1)日本における国語教育の目的、(2)教材に採用された1927年(〜1937年)という時代と明治時代から続く国語教育との連続性・非連続性について。