501講堂。

「国家と民族の歴史(6)」

ドーデ「最後の授業」を読むことを通じて、「言葉」「教育」「国家」「民族」などを学ぶ6回目。

「最後の授業」には、続編「新しい先生」が存在する。あまり知られていない「新しい先生」を読み、前作と比較しつつアルザスの置かれた立場についてドーデ側から見ていった。