PAP_0060台北の中央研究院学術活動中心に滞在している。
今回は滞在期間が短く時間がないので、歴史語言研究所(史語所)の内閣大庫資料のうちから数点のみを明清档案工作室で調査している。昨日は、劉錚雲先生(研究員兼図書館主任)のお陰で、スムーズに資料調査が進んだ。

明清档案工作室では、内閣大庫のうち約31万件を所蔵しており、27万件以上の登録を終えているという。1930年から始められた整理作業は、1970年に『明清史料』10冊や『明清档案存真選輯』3輯を復刻したのをはじめ、『明清档案』370冊の成果も出されており、現在はインターネットで検索・閲覧(一部分のみ)することも可能である。

中央研究院:http://www.sinica.edu.tw/
中央研究院歴史語言研究所:http://www.ihp.sinica.edu.tw/
史語所傅斯年図書館:http://lib.ihp.sinica.edu.tw/
数位典蔵與数位学習:http://digitalarchives.tw/