5限。3409教室。

休んでいた学生たちもほぼ戻り、いつもどおり2パラグラフ進めた。翻訳だけでなく、書かれた内容にも触れるため、『わが半生』を少々利用した。

次回は799頁下から6行目(引用文)スタート。