写真 (50)秋期夜間の集中講義。全7週。教室は1号館303講堂。

第9講は「モンゴル帝国の出現と拡大」。

後半部分&試験範囲はモンゴル帝国に関する内容。その前段階としての流れ,.皀鵐乾訥觜颪僚亳宗き▲ビライ政権を学んだ。後に10〜12講で話すテーマの基礎的な部分を理解しやすくするための解説をした。

第10講は「モンゴル帝国の政治秩序(1)」。

レヴィストロースの「交換婚」のキーワードを簡単に見たのち,[膨の王族の「交換婚」,▲皀鵐乾襪硫β欧痢峺魎杭А廚魍稜Г靴拭政治秩序のひとつとしての姻戚関係から,通説からは見えてこない部分にもふれた。

時間的な制約と学生による理解の複雑さを回避するため,チンギス=カン王家の姻族はウンギラト族のアルチ=ノヤン家のみとし,オイラト族のクドカ=ベキ家との姻戚関係については言及しなかった。

普段の概説より若干掘り下げた授業になったが,リアクションペーパーや話しを聞くと,興味をもってくれているようだ(´ω`)

次週,試験問題を発表します。