授業(2011年度)の最終講義で実施されたアンケートの結果が送られてきた。今回は「東洋史特講」と「東洋史概説」の2科目。

☆「東洋史特講(「清朝史・満族史」)」は,特殊講義なので用意した史料を読み進めながら,通説との差異や共通部分を探っていくもの。

「清朝や満洲民族等に関し,史料をどのように使って事実を見ていくかについて学んだ。その手法についてはとても参考になり,可能なことは卒論制作に生かしたい」,「全く興味のない内容でしたが,先生の説明や資料により興味を持つ内容に変わっていきました」,「とても難しい内容でしたが,資料や口頭の説明で理解しやすいようにしてくれた」,などは狙い通りであったことを確認できた。

また「中国共産党により,歴史がゆがめられているため,何故現在の中国がこのような現状にあるかわかりにくくなっているが,清朝の歴史を明らかにすることで理解が進んだ」。現代中国に対する私たちの認識は,中国共産党が歴史をゆがめただけに限らないが,現在の中国を捉える上で清朝史の理解が必要なことに気づいてもらえたようだ。

☆「東洋史概説(「中央アジア史」)」は,概説科目なので一般的な知識と研究の方法を紹介。

「内容的には,分かり易かった」,「概説というだけでなくて歴史を視る姿勢について示唆していただいたと思います」,「モンゴルや中央アジアなど普段接する機会,学ぶこともない国々を知ることができ,勉強になり,楽しかった」などは,小生の講義への取り組みや基本姿勢が伝わったようで嬉しい限り。

「いままで受けた講義の中で,一番しっかりとされた授業でした。(授業内容・時間共に)もっと経験を積まれれば,すばらしい先生になると思います」。素直に受け取りますヽ(・ε・)人(・ε・)ノ ありがとうございますw

☆2つの講義に共通する部分。

「中国の地名等特にむずかしかったです。少しずつ学んで知識を増やしていきたい」,「どういう字を書くか,悩みました。でも,よく授業を聞いていて分かるような気がしました」。地図や図版なども配りながら話しを進めているのだが,できるだけ復習をしてもらえると助かります。

やはり緊張したり準備が足りなかった部分,時間配分がうまく行かないときは,「あまりに駆け足でメモするのが大変」,「相当専門的分野の話しだったので,話すスピードが速いと感じた」となってしまうのは永遠の課題なのか。関連して,毎回残り20分でレポート(いわゆる“リアクションペーパー")を書かせてるが20分とれた週はそう多くないところも反省。なので「書く時間をもっと下さい」はごもっとも(講義終了のベルが鳴ったらレポート途中でも提出可能にしている。もちろんレポート成績は配慮してる)。

「いつも,授業の最後にその日のまとめを先生が述べるが,口で言うだけなので,書きとるのが大変だった」。これは昨年度(「歴史学」)から始めた手法。配られた授業用レジュメはあくまで補助であり,教員が話すことを積極的にメモしないと授業についていけないのは何の授業でも同じだから。まとめ部分は3回は繰り返すことにしてるので,今年度も問題点がないようなので来年度以降もそのまま続ける。

「毎回レポートを書かせるのに,それが成績に反映されているのか不明だった」。大いに反映されてますよ(。・ω・)ノ゙

2つの授業アンケートともに今回は「テーマ」や「授業の分かり難さ」への批判は見られなかった。ただこれは大学事務方で取捨選択した結果,小生の手元に届いていないだけかもしれないw いずれにせよ,来年度以降も緊張感をもって講義(とそのための研究)に精進します。

総合教育科目「歴史学」を除いた概説科目(「東洋史概説」)・入門科目(「東洋史入門」)・特講科目(「東洋史特講」)は,小生の場合,東洋史(中央アジア・東アジア・東北アジア)の様々な視座やマージナル的な部分などの見方を紹介してるが,学習目標としては異文化理解とともに卒業論文執筆のお手伝いを念頭においている。直接的には入門科目で紹介するだけだが,その他の概説科目・特講科目でも意識しつつ講義を進めるようにしている。

※コメント部分はすべて原文ママ