20120501kokkaitoshokanずっと勘違いしてたのは,東洋史入門は本来1年生から履修できるということ。ただし通信教育部ではスクーリングのみ開講してるので2年次から履修可能になるということ。1年次から履修できる日本史入門・西洋史入門・考古学入門とは違うことを恥ずかしながら最近知った。どうも師匠から昔いただいたコメントが引っかかると思っていたところだったので(´ω`)

集中講義の最終日。

第11講・第12講は「国立国会図書館での実習」。

昨日練習した文献目録の実習(今回は論文・書籍のみ。史料は含まず)のため永田町の国立国会図書館に来館。昨年度同様,あらかじめ5〜6人のグループに分け班長を決めて点呼(9:15集合・12:30解散)をとらせた。その後,受講生個人に分かれて実習作業へ。

昨年度と大きく変えたのは,必ず1度は借り出して自分が立てた卒論のテーマ(仮題でも可。ただし少々狭めで)に沿った論文かそうでないかを判断させたこと。

昨年度の実習では,「いちおう館内貸出をして」とアナウンスにとどまったため,パソコンの検索画面を見ただけで課題を作成し終えた受講生が多数いた。我々はプロだから,論文タイトル名や書誌名を見ただけで課題タイトルと整合性があるかどうか大体分かる。それだけでは読むと残念なのが丸わかりだし,検索だけなら家でもできるから実習の意味がない。

今年度では初日ガイダンスより,実際に館内貸出をしてもらうことを前提に進めていたし,講義内でもレクチャーしておいた。私自身が貸出カウンターでチェックすることはしなかったが,ほぼ全員が応えてくれたようで嬉しい限り。また,貸出をすると2コマ分の時間だけでは足らないかも身体で覚える。

国立国会図書館では,中国語のI間先生や東洋大学のC先生とも偶然お会いした。C先生とは3年ぶりぐらい。昼食はI間先生とご一緒したw

第13講は「課題仕上げ」。

午前中の課題を文献目録(論文か書誌を5本程度)としてペン書きで清書させ提出させた。昨年度は別な講義を入れておいたが,調べた項目の書き方や清書などで1コマ分必要なことが分かったため,新たに今回より導入。こちらも質問攻めされた90分です。

第14講は「最終試験」。課題を発表していたため,受講生は昨晩自宅・宿泊先であらかじめ解答を作成しておいたはず。なのでこの時間は書き写すだけで終了。でも時間いっぱい使っていた学生も目立った。

今回の受講生は第1講の始まりで31名(5名は最初から来ず),1名も脱落することなく初日→2日目→国会図書館にも行き,最終試験を受けた。実習も含んでいるため,このような受講生全員となるべく話すことを目指したが時間が足らなかった。でもとてもまじめに授業を聞いてくれたし,課題にも応えてくれた。ありがたい限りです(´ω`)

仕事が終わった後,N先生とBさんと打ち上げに。ただ私自身は翌日も仕事があるため22時頃には引き上げさせていただいた。

誕プレのたこ焼きwもらったのでプラスして書いておいたよ(*´ -`)(´- `*)srsr