20120523sakurajousui自腹タクシーだけど,早めに到着するので,余裕をもって教室のパソコンを使って準備やシミュレーションができるのでよい。今日は特によいリズムで授業の進め方,学ぶ内容の説明,課題の注意点など,理想的なかたちでおこなうことができた(*´ -`)(´- `*)srsr

3号館329教室。3限は142名(英文学科+教育学科),4限は147名(国文学科+社会学科)。

第6回は「ワード(2)」。

ワード2007を使った授業の中心週。(1)ワードアート(文字装飾),(2)クリップアート(イラスト),(3)オートシェイプ(図形),(4)表,(5)ページ罫線の機能の紹介及び文書の作成をおこなった。

昨年度までの反省を踏まえて,最初にワード2007を立ち上げると同時にファイル名を付けて保存(提出用のファイル名)させた。(2)では「探す場所」の「すべてのコレクション」にチェック,また全員でクリップアート(+ワードアート)を自由に動かし(復習),(3)オートシェイプは吹き出しだけでなく,ほかの図形も取り出して紹介した。

課題の直前には,課題上に「学科+学年+学生番号+氏名」を記入するため,これまた全員で一緒にテキストボックスの挿入→「線」などを「色なし」に設定した。

特筆すべきことは授業開始の挨拶の際,学生に対して「5つの機能」をTA・SAに尋ねないこと,TA・SAにも特別な場合を除き学生に応える必要がないことをアナウンスした。なぜならがばプリントファイルに全て書いてあるから。昨年度までは,ファイルを確認せずに「分からないから教えてください」とやたらと学生がする質問を排除したかったから。今後もプリントに書いてある内容については,読めば(確認すれば)分かるのでSA・TAの負担を減らしたいと考えている(そうでなくても終了間際に質問が増えるし,その対応で人数が足らなくなるから)。

なので上にも書いたが,今回は理想的な授業展開ができた。ただ150人×2クラスを統制したからか,一気にどっと疲れが溜まった。

写真は文理学部正門前の風景。