20120528funabashi1限:短大(建築・生活デザイン学科;1111教室),2限:短大(ものづくり・サイエンス総合学科,生命・物質科学科;1111教室)。

4限:理工学部(土木工学科・社会交通工学科;1021教室),5限:理工学部(機械工学科;1021教室)。

1・2限の短大は,2重母音と子音の一部を学んだ。家族の名称や声調符号で混乱しやすい部分の練習をした。特に“姐姐”(第3声+軽声)と“学习”(第2声+第2声)`は混乱しやすいようだった。ただその違いに自分で気づく一面も。今年度の短大生は,発音への取り組みが例年以上かもしれない。

4・5限の理工学部は,(1)第2課の声母,(2)“不”の変調を学んだ。特に(2)は,しつこいくらいに細かく説明したので,理解していただけたと思う。また本文の文法+日本語訳を終えた。動詞“俄”“渴”“喝”`は共通事項が多いのでひとくくりに覚えるように,また“可乐“は”“可口可乐(コカコーラ),”百事可乐(ペプシコーラ)まで紹介した。

午後の授業では,ノートをとらない学生がいたので「大丈夫?」と聞いたら「大丈夫」とのこと。「でも板書した単語などは教科書に載ってなくてもテストに出す可能性があるから」というと,ノートを取り始める学生の多いこと。これってなんなん?ww( ´_ゝ`)ノ

個人的に用事があったので,学会の理事会はお休みし東府中へ。それから八王子をまわり帰宅した。疲れていたけど今日みたいなシチュエーションは思いっきり嫌いではない(*´ -`)(´- `*)srsr