20120704bunri013249教室。

542頁2行目から543頁14行目まで。

「民国と清室間の法的関係」を読み終えた。「優待条件善後辯法七条」の取り決めと実態の部分からは,取り決めと処罰の面から考察がなされていた。

終了後,所用があるので早めに離室。

正門で学部4年生と遭遇。話をしつつ府中まで,最初の所用をすませたので,お礼にうまいラーメン屋に連れて行き早めの夕食をとった。その後,次の用事があるので駅で別れた。わざわざありがとう。

ところで,この前のことが楽しい思い出として残ってくれたら嬉しいですな。別れ際の対応もユニークだったねw (*´ -`)(´- `*)srsr