20120719tuushinn梅雨明け後だからか,直接的に照りつける日差しに呼吸がしづらい。

午前中のルーティンは今週から夏休み。とはいえ,朝8時過ぎまで歴史学の準備に追われていた。

3号館500教室。

まずは夏休みの宿題を渡し,用紙を配布してやりかたを説明した。

第14回は「「聖徳太子」と歴史学(2)」。

今回の部分は,今年度作成のオリジナル。とはいえ,資料はきちんと準備できながら着地点に悩んだ準備段階。ならば,資料を比較させそこから何が見えるかという簡単な実習を試みた(他の教科ではときどきやる)。

明治時代(〜大正9年+現在の小学校6年生の歴史教科書)の小学校歴史教科書に聖徳太子がどのように載せられているのか,特徴をピックアップして,さらにキーワードの移り変わりなどを比較し,時代的背景を考察した。

ただ教科書15種類全部を用意したため,ピックアップするだけで時間をとってしまい,まとめ終わったら終了のチャイム。

おかげでリアクションペーパーを書いてもらう時間がとれず。結構,評価を楽しみにしていただけに寂しくもある。

次週は中間試験(前期終了)。

終了後,そのまま休まず次の出講先へ向かう。

たこやきとギョーザが食べたい(*´ -`)(´- `*)srsr