20121019funabashi今朝も八千代市から船橋校舎へ。というか,八千代市の勝田台駅の東側は佐倉市ということに気づいた。佐倉市には国立歴史民俗博物館がある。高校3年生の終盤で自宅学習期間の上京した翌日(1989年2月12日)に訪れた記憶がある。アパートの大家さんが早朝,私の部屋を訪れて不在だったため,引っ越した早々行方不明になったのではないかと,慌てて群馬の実家に電話したエピソードがある。

1限:短大(建築・生活デザイン学科;1111教室),2限:短大(ものづくり・サイエンス総合学科,生命・物質科学科;1111教室)。

短大は,第3課「あなたは何という名前ですか?」を学んだ。

内容は,〔樵阿凌劼擁答え方,⊇藺侈未琉Щ◆

テキスト全体が,そのままフォーマットなので,一番いいのはまるっと覚えてもらうこと。今回はそれに尽きるかなと。前期の宿題で自分の名前を調べてもらい,試験にも出したけれど,ようやくここに来て自己紹介で使うことができた。1時限目は全員,2限目もほとんどが先週予め伝えていたように,自分の名前のピンインを準備して授業の臨んでくれたので,やりやすい金曜日の午前中でした。

4限:理工学部(土木工学科・社会交通工学科;1021教室),5限:理工学部(機械工学科;1021教室)。

ともに,第8課「お名前は?」を学んだ。

内容は,〔樵阿慮き方答え方,⊂蔑疑問,SVOのかたち。

短大とほぼ同じ内容。こちらは4限5限ともに全員自分の名前を準備してくれていた。5限は指名したときに「はい」と挨拶も返してくれるので,気分よく金曜日を締めくくれる。

写真は学祭前の正門付近のようす。

いつもの携帯型電波時計を某所に忘れてきたので,携帯電話をフライトモードで時計代わりに使用したよ。でも電話として今日使うことはなかった。ぎゃふん (*´ -`)(´- `*)srsr