20130110suidoubashi今年最初の大学講義。

午前中のルーティンワークを済ませ水道橋へ。普段どおり,お弁当を買おうとしたら開いてなかった。夜は居酒屋になるお弁当屋さん,今日だけお休みなのか昼間のお弁当をやめたのか,気になるところ。

500講堂。第29回は「「愛国心」とは何か(1)」

内容は,近隣諸国との関係の不安定さ,国内での貧富格差の拡大などを背景とした,近年話題の「愛国心」。その起源を探ると共に,近代国家における基本的な問題について検討する。その前半。

まず,2006年の教育基本法改正時に盛り込まれた「愛国心」に関する議論を数人の著作から整理したのち,日本最初の「愛国」に触れた西村茂樹「尊王愛国論」(1891年)を読んだ。また,近代国家として現れてくる「愛国心」についても触れ,私たちの知る「愛国心」には様々なもの(ナショナリズム,パトリオティズム,ジンゴイズムなど)があるかを理解した。

自分自身でもまとまらない部分が多かったものの,学生のレポートはどれも自身の問題と講義内容を踏まえたものだったので,こちらが勉強させてもらっている。やはり,4月で講義した歴史教育や後半のドーデ「最後の授業」以来,「国民形成」「愛国心」とは何かに言及してきた部分がおおきかったのかもしれない。

今回と次回は,講義コマが30週に増えたことで新しく準備した内容。また,このテーマを選んだのは,毎週のリアクションペーパーを参照してのことだと明記しておく。

次週(17日)が講義最終回,再来週(24日)が試験(13:00〜14:00)。試験問題は今回プリントで配布した。再来週までに準備して,試験時間で書き写せばよい。

講義終了後,戸塚駅へ。40分水道橋駅発の列車に乗るため走ってしまった。でも,それも残り1回。

昨晩もメッセ読んでたら寝落ちしてたw (*´ -`)(´- `*)srsr