20130824-1北京は16-35度,晴ところにより曇。

月曜日に来てから体重が3キロ落ちた。見た目変わらないけど。いちおう歩きと食事の成果(明日から戻るだろうw)。そんな土曜日。

片道428キロの興城を日帰り電車(片道5時間半)で往復した翌日は,10年ぶりに故宮博物院を訪れた。言わずと知れた中国最大の観光地の紫禁城である。

20歳の初来館以来,十数回訪れているけど,今回は観光でなく大学講義用で使う写真の撮影(撮り直しを含む)のため。既存の写真集やら使おうとしても,掲載されないディープな場所の写真が必要なのです。

20130824-3ホテルを7:00過ぎに出て,9路バス天安門東で下車。天安門広場は昨年度からセキュリティチェックが必須。それと無作為に身分証提示を求められる。また,長安街をくぐり天安門に入ろうとする際にも簡単なセキュリティチェックがある。天安門周辺は通過するのも少々めんどうだ。その天安門は改装中(写真上)。

開館8:30に合わせ,故宮のキップ売り場へ。門票(チケット)60元。もうすでに大勢の人がいて人酔いで気分がすぐれない。故宮入館でまたもセキュリティチェック。どうやらライターを中心に没収しているようだ(天安門広場・故宮・国子監ともに)。太和殿の玉座は閉じて見られなかった(写真中)。展示は見ず,ひたすら必要な場所の写真を撮りまくったら4時間も館中にいた。写真は授業(パワーポイントや配付史料)でうまく生かせたら嬉しい( ´ ▽ ` )ノ

20130824-2それから,故宮訪問の目的はもうひとつ。授業で指示棒代わりに使ってた清朝皇帝画の扇子を再購入するため(写真下)。これは珍しがった歴代の教え子たちによって見事なまでに壊されてしまったからw

午後は国子監へ。観光客で激混みの神武門前バス停を避けて離れたところから5路(鼓楼下車)。北京名物の炸醤麺を食べて10年ぶりの国子監へ。こちらも授業用の写真を撮影して,60路で北京站口東で下車してホテルへ戻った。帰舎後,国際学会のプログラムがメールに添付されてた。自分は2日目午後の某グループワークの司会になってたことを初めて知るw

少し疲れたかな (*´ -`)(´- `*)srsr

故宮博物院(中国語簡体字):こちら