201310142時半起床。朝,半袖では寒い体育の日。空が高かった,そんな集中講義最終日。

東洋史演習の3日目。授業時間開始時には前日発表済のメンバー同士で訳出を始めていた。原文も概要から内容説明へと細かくなり,翻訳量も倍に増やしたので,受講生は前日以上に気合いが入っているようだ。

ただこの2日間で翻訳作業にこなれたこと,加えて受講生同士がうち解けてきたようで,コミュニケーションをとりながら役割分担をしたり,制限時間内で訳を終えるため時間配分を考えたり,訳出する単語をこれまで2日間の成果を踏まえてすり合わせたりなど,ただ授業をこなすだけでないものも学んでもらっているようだ。質問も単語に替えて内容に関するものが占めていた。

もちろん,発表も最終日に相応しい出来具合で,訳文の間違いよりは,内容理解に関するものが多かった。昨日同様,学習目標である「中国語論文の翻訳を通じた内容理解」が達成できて嬉しく感じた。すごく早い3日間でした。受講生のみなさん,お疲れさまでした( ´ ▽ ` )ノ

毎週や夜間(7週間)を除いた3日間での演習授業は初めて担当した。だらけないよう,授業の組み立てを悩んだけど,さしあたりうまくいったようで自分がほっとしている。通常の講義に比べ準備量は多くないが,当日現場での時間調整やアドバイス・コメントなどで必要な内在的な知識が求められるなど,緊張感を維持したままの3日間はまた違ったものだった。

夜,友人がクルマを出してくれて地元温泉に行ったが,疲れたが出たようでほとんど寝てた。写真はコメダ珈琲@唐木田店のはちみつロール。

無事に集中講義が終了しました。いつも存在に感謝してます (*´ -`)(´- `*)srsr