アジア流域文化研究所では研究ワークショップ「清朝史研究をめぐる史料と史跡―研究資源の活用と共有に向けて―」が開催される。

東北学院大学名誉教授・細谷良夫先生を始め,先生と長年に渡り共に研究を続けてきた中国人研究者2名を招いた研究報告もおこなわれる。なお,参加希望者は小沼孝博先生(東北学院大学准教授,e-mail:onuma425*mail.tohoku-gakuin.ac.jp [*を@に代えてください])まで事前の申込が必要とのこと。

-----
研究ワークショップ
清朝史研究をめぐる史料と史跡―研究資源の活用と共有に向けて―

日時 2014年5月30日(金)13:00〜17:00
会場 東北学院大学 土樋キャンパス 8号館3階 第3会議室

プログラム
13:00 開場
13:10 趣旨説明
13:20 特別講演
 細谷良夫(東北学院大学名誉教授)「尚可喜をめぐる諸史料―研究の総括をかねて―」
14:20 報告
 劉小萌(中国社会科学院近代史研究所・研究員)「清朝遺跡考察的新成果―与細谷良夫教授同行―」[中国語]
 張永江(中国人民大学清史研究所・教授)「近年来中国清史研究的動向―以清史研究所的活動為中心―」[中国語]
 小沼孝博(東北学院大学文学部・准教授)「山形・細谷家伝来「大明地理之図」簡介」

主催 東北学院大学アジア流域文化研究所「新時代における日中韓周縁域社会の宗教文化構造研究プロジェクト」(文部科学省:私立大学戦略的研究基盤形成支援事業)
後援 満族史研究会

-----
東北学院大学ウェブサイトより:こちら
東北学院大学アジア流域文化研究所:こちら