20140814今月(2014年8月)1日,岡谷蚕糸博物館が引越&リニューアルオープンしたので,14日(木)に行ってきた。

世界遺産になった富岡製糸場(群馬県)と同様,明治初年より生糸の一大産地として知られた「岡谷シルク」。新博物館は製糸工場(宮坂製糸所)を併設している。近年の展示方法を取り入れ,内容・順路も分かりやすくストレスを感じなかった。ただ一般入館者に対して全て撮影禁止だったのと,図録が(作られて)なかったのが悔やまれる(このふたつは関連しているのかもしれないが)。

隣の諏訪市にある片倉館(上諏訪温泉)にも立ち寄った。共にこの地域の製糸業を発展させた片倉財閥に関係するもの。片倉財閥は後年,富岡製糸場を買収している。

雨降る中だが2年ぶりの岡谷・諏訪来訪。富岡・八王子・上溝・横浜などの製糸業遺産は小さい頃から現在まで偶然にも自分の身近にあり,これからも関わっていくだろう。

以前の記事:
☆片倉館(上諏訪温泉):こちら
-----
岡谷蚕糸博物館HP:こちら
片倉館HP:こちら

奮発して食べた岡谷名物のウナギおいしかった (*´ -`)(´- `*)srsr