16日夜に帰国。往路は羽田、復路は成田。リムジンバスまで40分程の待ち時間だったが(20時50分発;聖蹟桜ヶ丘駅行き)、新宿を素通りできるのは大きい。以下、備忘録代わり。

北京での現地踏査4ヶ所(7日・9日)と遼寧省興城市(8日)、「国際満学青年学者論壇」での参加・発表(11日〜13日於吉林師範大学[吉林省四平市];葉赫古城[四平市鉄東区葉赫鎮]・鉄嶺市白旗寨満族郷・哈達古城[開原市古城子村]へのエクスカーションを含む)は予定通りに済ませた。10日・14日は北京−四平の移動、15日は書店(王府井書店・三聯書店[以上は7日済]、中関村図書大厦・博雅堂書店[北京大学構内]・萬聖書園など)を回る。書籍は高騰していて諦めたものが多い。

今回すっかりVPN設定を失念してネット制限を食らう。次回は気をつけよう(追伸:どうやら中国からでも設定できたらしい)。

日程に余裕をもたせたが、学会報告後に降って沸いたように急ぎの仕事が入り、結果的にそれで補填。心残りはVPN(まだ言うか)とエクスカーションの長白山行き(2泊3日)に参加できなかったこと。後期授業が始まっており、これ以上の休講はスケジュール的にきついので断念。

荷物については、乾燥した北京では(四平も乾燥気味)ポロシャツで手洗い・手絞りで翌朝に乾くので、服の持参は2/3でよかった。ティーシャツ2枚、ポロシャツ2枚と寝巻き(ティーシャツと短パン)で9月は十分。洗って回せる。学会用ワイシャツは2枚欲しい。

それから、中国では書籍とお土産さえ買わなければお金は掛からないことを実感。また郵送(船便約9kg)で200元強だった。

2年ぶりの中国は前回より変化が大きかったが、小生自身が基本的な準備を忘れていたりしたことも大きかった。次回はこの備忘録と前回の備忘録を再確認しないといけないな。いや手書きの備忘録もあるんですがね。笑

写真ならぬ動画は興城駅に入線する2590次列車(38秒)、2015年9月8日撮影。

研究成果もできたようなので、前に進もう。

以下、今回の中国行き関連ウエブサイト:お世話になりました(๑′ᴗ‵๑)
☆吉林師範大学満学文化研究所:こちら
  →国際学会開幕式の記事(写真中の右端でカメラを構えたワイシャツが小生):こちら
☆中国人民大学『清史研究』編輯部:こちら
☆吉林師範大学:こちら
☆北京中安賓館(6日〜10日):こちら
☆四平雅頓商務酒店(10日〜14日):こちら
☆北京宝辰飯店(14日〜16日):こちら
☆鉄嶺県白旗寨満族郷(13日):こちら
  →当日の訪問記事(小生も集合写真に写ってますw):こちら
☆楽旅中国(列車チケット;北京−四平東):こちら
☆旅情中国(列車チケット;北京−興城):こちら
☆GLOBAL DATE(海外wifi):こちら
☆booking.com(ホテル予約):こちら
☆JTB(航空チケット):こちら
☆ハイウェイバス ドットコム:こちら
☆ジェイアイ傷害火災保険株式会社:こちら

御土産のジャスミン茶は北京老舗の呉裕泰で購入 (*´ -`)(´- `*)srsr