20151101北海道2日目。5時過ぎにホテルを出る。余市へ。高速は使わず。トイレ休憩で道の駅に立ち寄ると、隣が「マッサン」で有名なニッカウヰスキー余市蒸留所。目的はここではないので外から眺めるのみ。

まずは行きたかった豊浜トンネル。1996年2月、豊浜トンネル崩落事故で路線バスと乗用車各1台が巻き込まれ20名が亡くなった。当時自分は学生で一日中テレビで流された映像とマスコミの対応は印象に残っている。現在は新しい豊浜トンネルが使われ事故があったトンネルは封鎖されていた。

よいち水産博物館と併設する余市町歴史民俗資料館を見学。この近く(ニッカウヰスキー余市蒸留所のひと区画東北寄り)は大川遺跡。中世のコシャマイン蜂起のとき、和人の北端はこの余市と鵡川(むかわ)であったと記録にある。また当時の遺跡にそれらしい跡が見られるとのことで見学。お昼頃まで見学し札幌へ。

20151101-2途上、小樽を通過したがやはりこちらは観光客が多い。14時過ぎ北海道庁旧本庁舎(赤れんが庁舎)に到着。樺太関係資料館を見学。その後、閉場ギリギリでクラーク像(羊ヶ丘展望台)へ。唯一の観光(๑′ᴗ‵๑)

夜は地元の方オススメのスープカレーの店へ。紹介ありがとうございました (*´ -`)(´- `*)srsr

よいち水産博物館・余市町立歴史民俗資料館:こちら
赤れんが庁舎:こちら
樺太関係資料館:こちら
クラーク像(羊ヶ丘展望台):こちら
スープカレーsuage+:こちら