20151102-25時過ぎにチェックアウト。

7時前に輪厚PAで朝食。鵡川(むかわ)へ。余市と並び中世和人の居住地があったという場所。ただこちらに痕跡はない。写真上は鵡川駅。

9時半前に二風谷到着。二風谷湖(二風谷ダム)見学後、二風谷アイヌ文化博物館(写真下;写真撮影可)と萱野茂二風谷アイヌ資料館へ。自分は小さい時からアイヌ集落と言えばユーカラのふるさと二風谷だった。だが札幌近郊の白老(しらおい)にアイヌ博物館ができ、2020年に国立博物館になるのと比べ、交通が不便な二風谷は観光客が少なめという。地域のアイヌの方がとても気にしていた。二風谷は北海道で唯一「産業マーク(経済産業大臣の指定を受けた日本の伝統工芸)」をもつ地域でもあり、アイヌのために尽くした初のアイヌ人の国会議員(萱野茂)が出た集落でもある。お昼前に二風谷を出た。

2015110213時過ぎにレンタカー返却。今回の相棒は日産NOTE。走行距離599km。

15時に飛行機で東京へ戻った。博物館休館日(月曜日)があったため変則的な行動となった。二日目午後、白老に行くか悩んだが、また来る機会があると考え今回は外した。次回は日高(シャクシャインの本拠地)なども行ってみたい。

だいぶ資料も集めた。やはり文字だけでなく、現物やレプリカなどがあると理解を助ける。また展示の方法で立ち位置や何を重視しているかが理解できた。かなり駆け足な調査だったが研究や授業に生かせられるよう精進したい (*´ -`)(´- `*)srsr

むかわ町HP:こちら
平取町立アイヌ文化博物館:こちら
萱野茂二風谷アイヌ資料館:こちら