20151125-100綿貫哲郎「従"帰附漢人"転到"漢軍旗人"−以"盛京出生"者為中心」(『清史研究』2015年第4期)

博士号取得直後に書きあげたものであり、国際満学青年学者論壇(2015年9月11日〜13日;吉林師範大学[四平市])での報告が活字化されたもの。

清朝(後金)に投降した清初の高級漢人将校の立場から「満化」について考察したが、初めて結論ありきから紡いでいった論文。ただ結論を元に調べたところ、同じような事例がいくつも出てきたので間違いないと感じた。以前の「安南黎氏佐領編設始末考」同様、人間のやむを得ない部分を取り上げることができて満足している。さらに精進したい。

国際満学青年学者論壇の記事:こちら

今年度の研究成果のひとつです (*´ -`)(´- `*)srsr