20161015集中講義(10月スクーリング)の初日は午後より。4日間型は初めてで不安半分、楽しみ半分。

実際、午前の授業後でも移動にはギリギリ間に合うが、初日のため大事をとってルーティンは休講にさせて頂いた。

東洋史演習。内容は「中国語の論文を読む」。受講生は10名。旧知の学生が半分。ガイダンスを済ませ、グループ分けをして早速取り組んでもらった。およその時間を決めてからの「翻訳&リサーチ」→「発表」→「清書」。学生同士、自己紹介やどうやって辞書を引いてきたのかなどを話したところで小生のアドバイス。グループごとに役割分担は異なるが、ほとんどの学生が中国語論文と向き合うのが初めてなようで、小生が思っているより時間を費やした。

とはいえ、初日はなんとか1パラグラフずつ終えた。

心地よい疲れ。地元駅でラーメン食べて帰宅 (*´ -`)(´- `*)srsr