月曜早朝、グリーンプラザ新宿(http://www.hgpshinjuku.jp/)閉店(2016年12月25日)の報を聞く(だいぶ遅いらしいが)。ここはカプセルホテル。1990年から1993年の中国留学時、出国前日(成田早朝便)と帰国当日の定宿として10数回お世話になった場所。開店から34年間とのこと。自分の青春時代の一部だけに感慨深い。

太陽の位置が低い。よく考えたら翌日は冬至。そんな今年最後の火曜出講。

午前は東洋史。第13回「サンタン交易(3)」。 屮ラフトナヨロ文書」について、▲汽鵐織鷂魄廚砲けるアイヌの負債を学んだ。,任魯淵茱輅現13点の紹介や3号文書と4号文書を読み、カラフト南部における清朝の辺民制度の緩みと幕府(松田伝十郎)のカラフト経営、△任魯汽鵐織鷯人によりアイヌへの横暴と幕府の対応を理解した。やはり史料を出すと、学生の理解度も高まる(現代語訳しないといけない負担はあるが)。リアクションペーパーも深い内容が書かれている。

午後は疲労感が半端ないので少し休ませてもらった。

ここに来て年末の予定が埋まりつつある (*´ -`)(´- `*)srsr