20161030待ちに待ったこの日。2週間以上前から天気予報ばかり眺めていたのは、この日のため。そんな北海道踏査2日目。

3時40分、ホテル出発。6時20分、おびら鰊番屋文化歴史公園(道の駅)着。松浦武四郎銅像と荒れる日本海を前に休憩。鰊漁も江戸期蝦夷を支える産業のひとつで、こういう場所に会所が設けられた。途中、三毛別ヒグマ事件で有名な苫前を通過(復元現地も見たかったが、片道2時間近くかかるのと、今でも本当にヒグマが出る[今年はクマの出没が多い]のでやめた)した。

8時15分に天塩到着。鏡沼海浜公園内の松浦武四郎銅像へ(なぜか布でぐるぐる巻きにしてあった)。ここは江戸初期の松前城下交易時代にはテンショと呼ばれ、東のメナシとともに松前まで蝦夷の交易船が出ていたと宣教師アンジェリスの記録にある。来たかった場所のひとつ。

10時半、宗谷岬到着。言わずと知れた日本最北端の地。気温2度、風速11メートル。残念ながら42キロ先の樺太は見えなかった(写真上)。間宮林蔵渡樺出航の地→宗谷歴史公園の旧藩士の墓前にお供えをし、正午前に開基百年記念塔に到着。今回の踏査のメイン。稚内市北方記念館は今年最後の開館(10月末日まで。月曜休館なため本日が最終日)。塔に登ったがやはり樺太は見えなかった。ただ西に霞んで見えた利尻富士に存在感を感じた。記念館に図録はなかったが撮影は自由だったので、たくさん写真を撮った。コミュニティFMのFMわっぴ〜(http://www.wappy761.jp/・サイマルラジオで聴く)で和んだ。

20161030-2稚内駅前で昼食を済ませ、ガソリンを満タンにして最終目的地へ。天塩山地で雪が降り始めて路上は凍結、また追い抜いたダンプカーに煽られながら、日没直前の15時50分に音威子府村の「北海道命名の地」に到着(写真下)。

そこから旭川まで雪が断続的に降り、真っ暗な見知らぬ道を高速道を乗ったり降りたり(繋がってない)して、260キロ先の札幌まで走った。若干だが命の危機を感じた。20時前に札幌のホテル着。

この日(だけ)の走行距離736キロ。もちろん一人で運転。後にも先にもこれを超える記録はない。後日談だが、数日間頭痛に悩まされることになる。 真田丸を見て、ススキノで夕食をとった。

736キロは東京ー岡山間くらいかな (*´ -`)(´- `*)srsr