tere inenggi

研究(満族史・清朝史・東アジア史)や講義(歴史学・東洋史・中国語[漢語]・コンピュータ)等の備忘録

2009年度:東洋史入門(日本大学通信教育部)

定期試験:東洋史入門(日本大学通信教育部)

501講堂にて9:30〜10:30まで定期試験。29名。

自筆のノートのみ持ち込み可。

しかしながら、すでに試験問題は出題済みなので、学生は当日解答用紙に書き写すだけで済む。ただし、文字数が決められているのでおよそ40分〜50分位かかるようである。

皆さん、一年間お疲れ様でした。

第25回:東洋史入門(日本大学通信教育部)[最終講義]

501講堂。31名。

第23回は「清朝の『国語』とネルチンスク条約」。

内容は、(1)第16回に引き続き、満洲語の世界について学び、(2)清朝の多様な世界観を記録から検証するために「ネルチンスク条約」を満洲文・ラテン文・ロシア文(の各日本語訳)を対照させて、さらにこれらと漢文版を比較した。

本日の講義は、台風休講の代講扱い。

第24回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

501講堂。30名。

第24回は「康煕年間における外モンゴルの帰属」。

内容は、(1)清朝と1688年に帰属した外モンゴルとの関係について、(2)康煕帝とジューンガルのガルダンとの一連の戦争について学んだ。

以上のことは、現在の中華人民共和国の領土とも大きく関係するだけに、各民族と清朝との関わり合いについて詳しく確認した。

また「定期試験問題」を発表した。小生の講義科目では、あらかじめ試験問題を学生に提示し、授業で教わったことを中心に解答を準備させている。

第23回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

501講堂。31名。

第23回は「康煕帝の即位と三藩の乱」。

内容は、(1)康煕帝による中国内地支配の確立と皇帝権力の集中化、(2)「三藩の乱」を学んだ。

とりわけ、(1)については、順治帝に続く幼帝となった。順治帝の遺詔を託された「四大臣」との関係について考察した。(2)については、これまで満漢対立として捉えられていた「三藩の乱」には、清朝皇族をめぐる中央政界の変動が深く関わっていることを改めて確認した。

第22回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

501講堂。28名。

第22回は「清朝の入関と支配体制のゆらぎ」。

内容は、(1)太宗ホンタイジ急死後、わずか6歳の順治帝があとを継ぐが、この後見人となったのがドルゴンであったが、この順治帝とドルゴンとの権力抗争、(2)清朝入関から中国内地支配期にかけての清朝皇帝の権力の変遷について学んだ。

第21回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

501講堂。30名。

第21回は「ホンタイジのハン権確立と清朝の成立」。

内容は、(1)ホンタイジのハン権の移り変わりについて、(2)ホンタイジ期の後金国/清朝における多民族性について学んだ。

とりわけ、(1)についてはヌルハチの遺言からホンタイジ自身が権力を確立していく過程を確認した。

第20回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

501講堂。32名。

第20回は「後金国の成立と八旗制の創設」。

内容は、建州女真の一首長の家に生まれた清太祖ヌルハチが、多民族社会のなかで勢力を伸ばし、主要な地位を占めるまでを概観した。

特にヌルハチ期の重要な出来事は、(1)満洲文字の創成、(2)八旗制の創設であることを学んだ。

第19回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

501講堂、30名。

第19回は「清朝勃興期における女真人社会」。

内容は、清朝勃興期前の女真人社会の状態を概観した。

これまで、「未開な」社会として学んできた中国東北のツングース系女真人について、生業や朝貢・馬市などをキーワードとして必ずしもそうでないことを理解し、海西女真(フルン四国)の勃興までを説明した。

第18回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

501講堂、31名。

第18回は「清朝の開国説話」。

内容は、清朝で「公式」に伝わる発祥伝説について、先行研究を紹介することで、清朝の発祥伝説がどのようにして成立していったのかを学んだ。

併せて、前期に学んだ「資料批判」の方法、また「先行研究の重要さ」等について確認した。

第17回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

0475e921.jpg

501講堂、32名。

第17回は「ビデオ鑑賞」。

内容は、これまでに学んだ\仰と中華人民共和国との関係、∪仰の多民族統治、などに関するまとめとして、ビデオを鑑賞した。

次回より、これまでの概念を通史的に見ていく予定。

[臨時休校]:東洋史入門(日本大学通信教育部)

台風18号接近に伴う臨時休校について


台風18号接近のため,10月8日(木)は臨時休校とし,昼間スクーリング,卒業論文指導等全ての講義は実施しません。

また,事務取扱(窓口・電話)も行いませんので,ご了承ください。

なお,補講については,後日,掲示・ホームページ等でお知らせいたします。

(日本大学通信教育部HPより抜粋)
-----

日本大学通信教育部HP:http://www.cd.nihon-u.ac.jp/
台風18号接近に伴う臨時休校について:http://www.cd.nihon-u.ac.jp/taifu.html

第16回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

40a890fb.jpg

501講堂、34名。

第16回は「扁額にみる清朝の多民族統治」と題して講義した。

内容は、)無の紫禁城が満洲人皇帝による中国内地支配の中心地ということを扁額を通じて理解し、∨無と陪都・瀋陽、そして熱河・避暑山荘の扁額を比較して、清朝皇帝がもついくつかの顔を検証した。

パワーポイントを使用。

この講義では、清朝を中国史ではない視座から捉えるため、北京の扁額を中心に話を進めた。とりわけ、扁額に記された漢文・満洲文字の位置・文字の意味を通じて、清朝皇帝がいかに多民族統治、とりわけ漢人に配慮していたかを論じた。その後、瀋陽→避暑山荘の扁額と比較させて、中央アジアの大ハーンとしての役割、中国内地の位置づけに言及した。

第15回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

41087c10.jpg

501講堂、33名。

第15回は「「多民族国家」清朝と満洲人」と題して講義した。

内容は、\仰を建国したといわれる満洲人とはどのような民族なのか、∨洲人と現在の中華人民共和国の少数民族・満族との関係を考え、それらを通じて「民族」というものが、つねに固定された存在ではなく、流動的なものであることを理解した。

とりわけ、最初は“漢奸”から少数民族“満族”までの流れを追い、その後清朝を構成する満洲・モンゴル・漢の各民族について、10世紀以降の「中国史」と関連づけ、最後に満洲人と旗人(八旗)との関係・多民族性について概観した。

第14回:東洋史入門(日本大学通信教育部)[後期初回]

56b548db.jpg

501講堂、33名。

第14回は「中華人民共和国と清朝」と題して講義した。

後期からは、シラバスにも書いたとおり清朝史を講義することとなっている。

内容は、導入部分として、\仰の遺産、中国史とは異なる視座から清朝を考える、K洲についてを概観した。

それぞれについては、次週以降詳しく見ていくが、,砲弔い討蓮⇔療斂簑蝓μ餌果簑蝓漢族との関係、△砲弔い討詫僂い觧駑舛砲弔い橡洲語資料をいくつか提示して、満洲語が極めて日本語に近い言語であること、満漢合璧による満文の重要性を説明した。

については、満洲と満州のさんずいの違いについて解説した。その後、2限の高綱博文先生の卒論指導に同席させていただいた。

いよいよ後期が始まった。気が引き締まる。

第13回:東洋史入門(日本大学通信教育部)[前期終了]

0d6dfbf8.jpg501講堂及び日本大学法学部図書館。33名。

第13回は,「「東洋史」論文執筆の作法(4)」と題して、日本大学法学部図書館で実習をおこなった。

内容は、卒論のテーマ(仮題でも可。卒論のない専攻も仮設定)を決め、その「文献目録」(及び「概要」「請求記号」)を作成するもの。ただし、日本大学法学部図書館蔵の書籍・雑誌に限ることとした。

論文執筆の基礎的な実習を(机上ではなく)実際におこなってもらい、かつ自身の卒論執筆過程に結びつけてもらおうという授業。有効的な方法ではあるが、やはり1度の時間(90分)が足らない。論文執筆の作法は今回で最後。夏休みの課題を出した。

後期初回は9月17日(木)。後期からは清朝史を講義する予定。

第12回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

0709tuushin501講堂及び日本大学法学部図書館。34名。

第12回は,「「東洋史」論文執筆の作法(3)」と題して、日本大学法学部図書館で実習をおこなった。

内容は、小生の2つの設問から1つを選びその文献目録を解答するもの。それを前週で学んだ「文献目録の書き方」で解答する。

小生の考えでは、3階東奥(工具書)と同階東階段近く(宗教関係)、同階西側(歴史)、4階階段近く(法制史)の4ヶ所に散らばるかと思っていたが、4階にあがった学生はわずかに3名。ここが法学部図書館だと思えば、法制史に関する設問も用意したものの,みな歴史棚に集中してしまい、宗教に向かった学生も多くなかった。

第11回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

3fe1b5a5.jpg

501講堂、28名。

第11回は「文献目録の表記方法」と題して講義・実習をした。

卒論提出の際、論文の最後に「参考文献一覧」が必ず添付されなければならない。或いは「専門指導」に入る際に「個別指導」の指導教員に簡単な「参考文献目録」を見せることが義務づけられている。今回はその書き方。

まだ前回あたりで初めて論文を「見た」受講生が多いため、作業用シートを渡しても、どれが論文でどれが書籍なのか、或いは論文名と刊行物の判断がつかない受講生が多かったようで、とても90分では時間が足りない気がした。

次週は実際に図書館で図書や論文を手にして目録を作成してもらいます。

第10回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

日本大学通信教育部1号館501講堂,37名。

第10回は「『東洋史』論文執筆の作法(2)」と題して講義した。

内容は,パソコン・インターネットを使った「東洋史」研究。特に論文を集めるために,どのようにインターネットを駆使して検索し,どこに行けば必要な論文が手に入れることができるのかについて紹介した。

まずは, 嶇席検廚書籍(単著・共著)であるのか,雑誌であるのか,実物をOHPで見せながら説明し,△修譴蕕鮓〆する(検索のみ)のサイトを紹介し,8Φ羌ヾ悄図書館を紹介しながら(検索と貸出など),閲覧・貸出・コピーの話をした。

ただ,これらの方法も小生自身がおこなっているやり方のごく一部分であり,すべての学生に共通する方法でないこと,またこれらをコンプリートする方法が存在しないことにも言及した。つまり,どの論文や書籍検索を使ってキーワードを打ち込んでも限界があること(技術や更新),それらを克服するためには,気になる論文に目をとおして注釈を確認し,そこから「芋づる式」に文献を集める(そして再度の検索→論文収集)しかないことを説明した。

結局は,論文を書く者が自分なりの方法をマスターしていく以外ないのである。

第9回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

9b0d6f65.jpg

501講堂、30名。

第9回は「『東洋史』論文執筆の作法(1)」と題して講義した。

内容は、,覆砲鬚匹δ瓦戮襪、◆崚賤了法彜慙△旅具書・入門書について解説した。

特に,任蓮大学での勉強の内容(一般教養と専門科目との違い[例えば、東洋史入門は東洋史の入門編ではなく、東洋史を研究する入門編であることなど→過去のデータから多くの受講生が認識している]、講義科目と演習科目との違いなど)、レポートと卒業論文の違い、語学や執筆時の作法などを解説した。

それから△任蓮工具書や入門書、研究入門書などをパワーポイントを使って視覚的に解説した。

「東洋史」の論文執筆や資料集めには、絶えずアンテナを張っていないといけないこと、机の上(インターネット)で調べるだけでなく、足でかせぐ以外に「うらわざ」や「手っ取り早い方法」は存在しないことを説明した。

第8回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

073f2d8d.jpg

501講堂、34名。

第8回は「史料」と「資料」と題して講義した。

今回から前期終わりまでは、卒論を書くために必要なスキルを見に付けるための授業・実習をおこなう。

内容は、ー尊櫃墨席犬鯒曚蝓△匹里茲Δ聞柔になっているのか確認し、◆屮董璽淦瀋蝓廚ら「先行研究の整理」まで、どのような流れでおこなうのか見取り図を配り、「歴史学」と「史資料」との関係について講義した。

やはり、はじめて論文をみる学生が多いようで、研究者である小生にとっては当たり前のことをひとつひとつ説明した。少しでも卒論執筆のお役に立てれば嬉しく思う。

第7回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

d4f9d23b.jpg

501講堂、34名。

第7回は「『東洋史』とは何か(6)」。

内容は、これまで「ヨーロッパ」「アジア」というゆがめられた二分法とは異なる「世界」の捕らえ方を、今までの研究史を踏まえいくつか紹介した。

今回で、入門の概論は終了。次週からは、卒論を書くためのスキルに関する講義・実習に入ります。

第6回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

920ba4a5.jpg

501講堂,35名。

第6回は「『東洋史』とは何か(5)」。

内容は,日本で近代に取り入れられた歴史学とは,西洋的な「方法」にとどまらず「視座」もそのまま残されたものであった。このような西洋的な「視座」は,現在の私たちの他者を見る目にもはっきりと残されている。つまり,今の私たち自身が,西洋的な「視座」より,アジア各国やイスラム諸国をみている現状を振り返って学んだ。

とりわけ,それらを\鏝紊領鮖乏悗領れ,▲茵璽蹈奪僂ら見た「アジア」(西アジア・イスラム),ヨーロッパと「中国」とに分けてみていった。△魯茵璽蹈奪僂板樟椶陵害関係をもち,はさほど利害関係をもたない地域である。

一昨年度,2週間でおこなった講義を1週間にまとめたため,詰め込みすぎと場面展開が多すぎたようで,受講生には難解であったようだ。少々反省。

2限目は,高綱博文先生の研究室で「卒論指導」がおこなわれており,それに参加させていただくのが今年度のルーティンになっている。毎週昼食をごちそうになりながら,研究方面でハッパをかけられていることは事実です(笑)

第5回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

50c66ee3.jpg

501講堂。37名。

第5回は「『東洋史』とはなにか(4)」。

内容は,「東洋史学の創始者」といわれる白鳥庫吉(1865〜1942年)が,東洋史学に果たした役割について学んだ。

また,白鳥がどのようにして朝鮮・満洲史や西域研究に携わったのか,当時の歴史的背景から考察した。

現在では語られることの少ない白鳥をあえて取り上げた意味についても解説した。

第4回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

da7df826.jpg

501講堂。35名。

第4回は「東洋史」とは何か(3)。

内容は,〔声時代のナショナリズムの展開と切り離すことができない「東洋」の概念,白鳥庫吉と那珂通世と「東洋史」の誕生について学んだ。

とりわけ,明治初期に東京帝国大学で開講されていた「歴史」の内容と,明治憲法発布及び天皇を中心とした国家体制の整備と「国史」の誕生,また「西洋」にたいする一種のコンプレックスとしての「東洋」(及び「東洋史」)について概観した。

 

第3回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

501講堂。登録者数が確定した47名。うち参加は32名。朝から横須賀線,京浜東北線が乱れ,授業開始にも影響が出た。

第3回は「『東洋史』とは何か(2)」。

内容は, 崟祥了法廚肇ぅ好薀燹き◆崚賤痢廚箸呂匹海について学んだ。

,任蓮ぁ崟祥了法廚肇ぅ好薀爐相容れない淵源として,ヘロドトス,『新約聖書』などを紐解き,これにヨーロッパ世界におけるキリスト教の変容を加えて,古代ギリシアからアメリカまで続く西欧文化の「神話」を見ていった。

また△任蓮ぁ崚賤痢廚箸いΩ斥佞,西洋や中国で存在しなかったり,異なる意味をもつものであること,日本で生まれたものであることを確認した。これについての詳しい内容は次週。

第2回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

f693c544.jpg

501講堂,出席は40名。5階だがこのブログでの突っ込みがこわいので,歩いて上ることにする(笑)

第2回は「『東洋史』とは何か」

内容は, 崟こ史」と「東洋史」,◆崟こ史」とヨーロッパ,「西洋史」と「東洋史」について学んだ。

高校までに習った「世界史」と「日本史」,大学で習う「日本史」「東洋史」「西洋史」について,現在の捉え方とその歴史的な背景について概観した。

私たちがこれまで習った「歴史」が,どのような「視座」によるものなのか,それを解説した。

2限は,先週と同じく高綱博文先生の研究室に出向いた。昨年度の受講生とも再会し,また事務的なことも済ませた。その後,高綱先生に昼食をご馳走になった。

第1回:東洋史入門(日本大学通信教育部)

737ab77a.jpg

教室は501講堂。最上階なので,初めてエレベータを使いました(笑)。受講者数は52名(暫定),出席は40名。

第1回は「ガイダンス」。授業内容と成績評価の方法及び基準を説明した。東洋史入門は現在,日本大学通信教育部ではスクーリングのみの開講で,科目修得試験では履修することができない教科である。小生の評価基準は厳しい上に1限目(9:00-10:30)の授業なので,大変だとは思うけれど,ぜひとも一年間乗り切っていただきたいと考えている。

ガイダンス終了後,「導入」に入った。早速,テーマである「清朝史から見た中国とアジア」(主に後期に学ぶ)について,「『中国』とはなにか」と題して民族問題や清朝の版図などから解説した。

昨年度の東洋史概説から,引き続き小生の講義を履修してくださった方々も多く,「受講生記録」にも小生の講義であることを明記していただき,ありがとうございます。

2限目は,高綱博文先生の研究室でおこなわれた「卒論指導」に,そのままお邪魔させていただいた。小生の講義終了後に移動してきた受講生もいるようで,なかなか気の引き締まる思いがした。

この講義で,小生の今年度前期すべて出揃いました。まずは夏まで頑張ります。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人プロフィール

出身地:群馬県前橋市

履歴:高校卒業後,日中学院より中国に3年間留学。印刷関連会社勤務を経て,日本大学通信教育部(史学専攻)から日本大学大学院文学研究科史学専攻(博士前期課程)へ。日本大学大学院文学研究科東洋史学専攻(博士後期課程)満期退学。博士(文学)

現職:非常勤講師ほか

専攻:清朝史・満族史・東北アジア民族史・東アジア史及び満洲語文書資料。

タイトルの“tere inenggi”とは満洲語で“その日”という意味です。

現在,歴史学・東洋史・中国語(漢語)・コンピュータ情報リテラシー等の講師をしてます。講義では,できるだけ多様な視座を提供したいと模索中です。

カテゴリー別
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
月別アーカイブ
最新コメント
天気(東京)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ