tere inenggi

研究(満族史・清朝史・東アジア史)や講義(歴史学・東洋史・中国語[漢語]・コンピュータ)等の備忘録

2010年度:中国語初級機Ν供米本大学理工学部[船橋校舎])

最終試験:中国語初級Ⅱ(日本大学理工学部)

日本大学理工学部(船橋校舎)の最終試験。
4限(15:00-16:00)は土木工学科。5限(16:40-17:40)は機械工学科。

ともに最後まで粘った学生さんが多かったのが今年度の特徴。まだ採点してないけど,出来が良いのを期待しています。

一年間お疲れさまでした。

第12回:中国語Ⅱ(日本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級Ⅱ(日本大学理工学部)

1・2限は短期大学部、4・5限は理工学部。

試験にそなえ,ともに復習をした。
試験範囲は,短期大学部が第6課から第16課まで,理工学部が第10課から第19課まで。

試験日は,短期大学部が2月4日(金),理工学部が1月28日(金)のそれぞれの授業時間(ただし,試験時間は授業時間と異なる60分。詳しくは試験時間割を参照)。

第11回:中国語Ⅱ(日本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級Ⅱ(日本大学理工学部)

1・2限は短期大学部、4・5限は理工学部。

短期大学部は,第16課「どうされましたか?」。
「形容詞+“得”」「一〜就〜」を学んだ。

理工学部は,第19課「天気について」。
本日のみ教室変更。4限→1423教室,5限→1431教室。
自然現象文(動詞が先),「A没有(這麼/那麼)B〜」を学んだ。

ともに次週が最終授業。

第10回:中国語Ⅱ(日本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級Ⅱ(日本大学理工学部)

1・2限は短期大学部、4・5限は理工学部。

短期大学部は、第15課「まもなく冬休み」。
「越来越yue4lai2yue4」「快kuai4〜了le」を学んだ。

理工学部は、第17課の練習問題2を片付けてからの第18課「休講」。
原因・理由をたずねる「怎麼zen3me5」、連動文を学んだ。

年内最後の授業。年明け1月に2回を残すのみ。
次回1月14日午後のみ教室変更。4限→1423教室、5限→1431教室。

第9回:中国語Ⅱ(日本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級Ⅱ(日本大学理工学部)

1・2限は短期大学部、4・5限は理工学部。

短期大学部は、第14課「私は中国の歌を歌うことができます」。
できる「会hui4」,様態補語「得de5」を学んだ。

理工学部は,第17課「入っていません」。
「様態補語」の「得de5」,「完了」の「了le5」と否定の「没有mei2you5」。

第8回:中国語Ⅱ(日本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級Ⅱ(日本大学理工学部)

1・2限は短期大学部、4・5限は理工学部。

短期大学部は、第13課「これはあれより安い」。

(1)比較表現、(2)少し「有点児you3dian3er」を学んだ。特に(1)は日本語訳するとき、どこまでが主語かきちんと認識して欲しいことを強調した。

理工学部は、第16課「どう書くの?」。

(1)方法・手段をたずねる「怎麼zen3me5+動詞」、(2)助動詞「会hui4」、(3)「疑問視+也ye3+否定」を学んだ。

第7回:中国語供米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級供米本大学理工学部)


1・2限は短期大学部、4・5限は理工学部。

短期大学部は、第12課「あなたのお父さんはおいくつですか?」


年齢の聞き方を学んだ。中国語では、相手(の世代・年齢)によって、用いる単語が異なる。


理工学部は、中国語検定試験の模擬試験。


11月28日(日)に中国語検定試験がおこなわれることから、検定試験と同じやりかたで模擬問題をおこない、答え合わせと解説をした。

第7回:中国語供米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級供米本大学理工学部)

1・2限は短期大学部、4・5限は理工学部。

短期大学部は、第11課「あなたは何を食べたいですか?」

助動詞としての「想xiang3」、及び「要yao4」(動詞・助動詞)を学んだ。

理工学部は、第15課「どこがわるいのですか?」

主述述語文、「有点児you3dianr3」「不太〜bu2tai4-」を学んだ。併せて身体の具合にかんする単語をいくつか紹介した。

第6回:中国語供米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級供米本大学理工学部)

1・2限は短期大学部、4・5限は理工学部。

短期大学部は、第10課「あなたはどこから来ましたか?」

「是〜的」(過去と強調をあらわす)、連動文、「了」(変化や動作・行為の完了をあらわす)を学んだ。

理工学部は、第14課「あなたの家は何人家族ですか?」

存在や所在をあらわす「有」と「在」の違いを学んだ。分かりやすいだけに、検定試験などでは間違えやすい部分。また「標点符号」について解説した。特に「,逗号」「、頓号」の使い分けを周知させた。

第5回:中国語供米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級供米本大学理工学部)

39c7420e.jpg

1・2限は短期大学部、4・5限は理工学部。

短期大学部は、第9課「映画は3時に始まります」。

先週に引き続き、副詞「在」(動作の進行形)を、また時刻の表現を学んだ。

理工学部は、第13課「明日は何日?」。「有」と量詞を学んだ。量詞は少々複雑ではあるが、基礎的な部分と覚えてもらいたい量詞を9つ用意した。教科書以外にも、身近な単語をいくつか紹介した。

休校:中国語供米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級供米本大学理工学部)


第43回習志野際(日本大学理工学部・短期大学部学園祭)のため休校

http://www.narashinosai.com/

第4回:中国語供米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級供米本大学理工学部)

941770cf.jpg

1・2限は短期大学部(船橋校舎),4・5限は理工学部。

短期大学部は,第8課「あなたの家はどこにありますか?」

動詞の「在」と前置詞の「在」,前置詞「従」「給」「跟」「離」を学んだ。特に「跟」「離」は日本語訳で主語を間違いやすいことを指摘した。2限目には,他の先生が小生の授業を見学にいらした。

理工学部は,第11課の練習問題を終わらせ,第12課「何時?」に入った。

語気助詞の「口巴」,「要〜了」を学んだが,「要〜了」はよく使うフレーズを教科書例文以外に2つ紹介した。こちらも覚えて欲しいものだ^^

次週10月29日は,学園祭のため休校となる。次回は11月5日。

第3回:中国語供米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級供米本大学理工学部)

15ace004.jpg1・2限は短期大学部(船橋校舎)、4・5限は理工学部。

短期大学部は、第7課「明日は何曜日ですか?」

月日と曜日、さらに月日・曜日の時は「是」を省略することを学んだ。


理工学部は、第10課のエクセサイズを片付け、第11課「おいくつですか?」を学んだ。

数字、年齢のたずね方3種、変化をあらわす「了」と盛りだくさんだったので、毎回恒例の対話練習を省いた。楽しみにしてた学生ゴメン(笑)

授業終了後、ある学生に「先生、数字に弱いでしょう?」と言われた。やはりそう映るかw

第2回:中国語供米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級供米本大学理工学部)

1・2限は短期大学部、4・5限は理工学部。

短期大学部は、第6課「あなたは中国に行ったことがありますか?」。動詞述語文、経験をあらわす「過」、語気助詞「ba」を学んだ。

理工学部は、第10課「専攻は?」。疑問詞疑問文、「的」のあとの省略を学んだ。

休講:中国語供米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級供米本大学理工学部)

日本大学理工学部創設90周年記念に関する行事のため休講。

 

第1回:中国語供米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級供米本大学理工学部)

1・2限は短期大学部、4・5限は理工学部。

すべての授業で発音及びピンイン・声調符号の復習をした。

あわせて、リハビリのための小テストをおこない、声調符号の付ける位置やリスニングの確認をした。

夏休みの任意の宿題を回収した。

第3回:中国語機米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級機米本大学理工学部)

dcb3d306.jpg

1限は短期大学部(建設学科)。1123教室。22名。

2限は短期大学部(基礎科学科・応用工学科)。1123教室。46名。

4限は理工学部(土木学科)。1133教室。73名。

5限は理工学部(機械工学科)。1133教室。64名。

 

4コマとも発音の続き。短大は「b-p-m-f」も含めて軽声も学んだ。

全クラス声が出ているので、こちらもモチベーションがあがる。

第2回:中国語機米本大学短期大学部[船橋校舎])・中国語初級機米本大学理工学部)

1a3c5599.jpg

1限は短期大学部(建設学科)。1123教室。22名。

2限は短期大学部(基礎科学科・応用工学科)。1123教室。45名。

4限は理工学部(土木学科)。1133教室。69名。

5限は理工学部(機械工学科)。1133教室。65名。

 

実際の授業の初回。4コマ共に発音を練習した。

まずはa・i・o・uの母音4つ。これを小生が5年ほど使い続けている口の開き方の図を使って練習。口をつくってから音を出す。

また、ここ2〜3年程目立ってきた「i」の声調符号(声調記号)付け間違い。この説明を今年度から付け加えることとした。

さらに、二重母音を学び「wo」は「w」と組み合わせた時は、見た目単母音だけど実は二重母音であること、なので最初の口の開きが「u」であることを確認。認識させるために「我;わたし;wo3=uo」を身体で覚えさせた。

午後の2クラスは、有気音・無気音の練習もした。毎年恒例の「bo・po」「da・ta」の出席表を使ったちょっとした遊びw

 

今年度は、最初の発音練習で笑い出す学生がだいぶ減ったというか、すぐに「ma1-ma2-ma3-ma4-」ととけ込んでくれて、こちらも進めやすい。

第1回:中国語機γ羚餮貊薺薛機米本大学理工学部[船橋校舎])

2e3b04a8.jpg

昨日の入学式をうけての今年度最初の授業。

1限は短期大学部(建設学科)。26名。1123教室。

2限は短期大学部(基礎工学科・応用化学科)。33名。1123教室。

4限は理工学部(土木工学科)。77名。1133教室。

5限は理工学部(機械学科)。65名。1133教室。

初回なので,すべてのクラスでガイダンスをおこなった。成績評価基準などを細かく説明したあとに,毎年恒例教材を使って繁体字と簡体字,ピンイン+声調符号の説明をおこなった。

昨年度とはまた雰囲気の違う短大生と学部生。来週から正式に授業するけど楽しみ。

 

終了後,新宿でおこなわれている日本大学通信教育部懇談会へ。出発が18:15だったので,到着が19:40分になった。

会場に入る時,松村潤先生(日本大学名誉教授)をお会いしたが,師匠の加藤直人先生(日本大学文理学部長)とはすれ違いになってしまった。

コートと鞄のまま会場入りしたけど,お世話になった先生方全員にご挨拶することは時間切れで無理でした。その後,もうひとりの師匠である高綱博文先生(日本大学通信教育部長)と鍋本先生・下川先生・八馬先生・塚本先生,小生の6名で新宿駅前の居酒屋で2次会をした。ほぼ同期で仲の良い若手5名が会するのは実は初めてだったりしたw

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人プロフィール

出身地:群馬県前橋市

履歴:高校卒業後,日中学院より中国に3年間留学。印刷関連会社勤務を経て,日本大学通信教育部(史学専攻)から日本大学大学院文学研究科史学専攻(博士前期課程)へ。日本大学大学院文学研究科東洋史学専攻(博士後期課程)満期退学。博士(文学)

現職:非常勤講師ほか

専攻:清朝史・満族史・東北アジア民族史・東アジア史及び満洲語文書資料。

タイトルの“tere inenggi”とは満洲語で“その日”という意味です。

現在,歴史学・東洋史・中国語(漢語)・コンピュータ情報リテラシー等の講師をしてます。講義では,できるだけ多様な視座を提供したいと模索中です。

カテゴリー別
NHK時計
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
月別アーカイブ
最新コメント
天気(東京)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ