tere inenggi

研究(満族史・清朝史・東アジア史)や講義(歴史学・東洋史・中国語[漢語]・コンピュータ)等の備忘録

2010年度:東洋史入門(日本大学通信教育部[冬期夜間S])

第6週:東洋史入門(日本大学通信教育部)

第11講「近代における日中交流と中国人認識(9)」、第12講「近代における日中交流と中国人認識(10)」。

第5週(第9講・第10講)が「東日本大震災」関係にともなう休講でレポートに振り分けられたため。

第11講は日中政府間交流の再考。一般的に日清修好条規とは東アジアの国家同士で結ばれた最初の平等な条約と言われているが、清国が認識し行動におこした内容・事実を追うことで、清国側がどのようにこの条約を認識していたかを確認した。

第12講は東京にある日清戦争関係の史跡を紹介。また「戦利品」から現在の日本人の中国人観がどのように形成されたか、視座のひとつを紹介した。

次週が最終週(最終試験を含む)。休講で「脱亜論」ができなかったのは痛いがやむを得まい。

補講について:東洋史入門(日本大学通信教育部)

3月17日(木)の東北太平洋沖地震の影響による休講分については、レポート課題に切り替えて対応します。

課題は3月31日(木)に出題、4月7日(木)に提出とします。詳しくは次週3月31日(木)講義中に説明します。

-----

休講:東洋史入門(日本大学通信教育部)

3月17日(木)18:20-21:35の第4週「東洋史入門」は、東日本大震災及び輪番停電の関係で休講となりました。
補講日時については、後日連絡があるとのこと。

第4週:東洋史入門(日本大学通信教育部)

第7講「近代における日中交流と中国人認識(7)」、第8講「近代における日中交流と中国人認識(8)」。明治10年の「横浜毎日新聞」の社説(1パラグラフ分)、及び横浜における「博打の取り締まり」記事と「アヘン対策」への社説を読んだ。

江戸時代末期頃から中国人肉体労働者が大量に日本にやってくるなかで起こった事件とそれに対する対応部分。 

第3週:東洋史入門(日本大学通信教育部)

第5講「近代における日中交流と中国人認識(5)」、第6講「近代における日中交流と中国人認識(6)」。明治10年の「横浜毎日新聞」の社説(2パラグラフ分)を読んだ。
日本人から見た欧米人の現状を分析してる2段落分。

この講義では、学生に教えられることも多い。

第2週:東洋史入門(日本大学通信教育部)

第2週。

第3講「近代における日中交流と中国人認識(3)」、第4講「近代における日中交流と中国人認識(4)」。明治10年の「横浜毎日新聞」の社説(2パラグラフ)を読んだ。
欧米人が日本人を蔑視している理由を知るために、日本人が中国人を蔑視している理由を分析している。

「資料批判」や演習授業で学ぶ資料を読み解く力の練習をおこなった。

第1週:東洋史入門(日本大学通信教育部)

今年度から始まる日本大学通信教育部冬期夜間スクーリングの集中講義。7週間で半期分の講義をおこなうというもの。約30名。402講堂。
テーマは「日清戦争と中国人観の形成」。

2007年・2008年で講義したもののヴァージョンアップ版。レジュメもそれなりに作りかえてる。

初日は,ガイダンス,第1講「近代における日中交流と中国人認識(1)」,第2講「近代における日中交流と中国人認識(2)」。導入(問題の所在)及び「開国」以前の日中交流,幕末に直接中国人と接した記録(上海・横浜・江戸)を読み,当時の日本人がどのように中国人を認識していたのかをまとめた。

旧知の学生も少なくなく,さらに夜間スクーリングは普段以上にモチベーションが高まってよい(^^

小生の担当は木曜日(18:30-21:35)。2月17日・24日・3月3日・3月10日・3月17日・3月31日・4月7日(3月24日は休講)。
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

管理人プロフィール

出身地:群馬県前橋市

履歴:高校卒業後,日中学院より中国に3年間留学。印刷関連会社勤務を経て,日本大学通信教育部(史学専攻)から日本大学大学院文学研究科史学専攻(博士前期課程)へ。日本大学大学院文学研究科東洋史学専攻(博士後期課程)満期退学。博士(文学)

現職:非常勤講師ほか

専攻:清朝史・満族史・東北アジア民族史・東アジア史及び満洲語文書資料。

タイトルの“tere inenggi”とは満洲語で“その日”という意味です。

現在,歴史学・東洋史・中国語(漢語)・コンピュータ情報リテラシー等の講師をしてます。講義では,できるだけ多様な視座を提供したいと模索中です。

カテゴリー別
月別アーカイブ
最新コメント
天気(東京)
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ